ソーラーシェアリングの魅力

ソーラーシェアリングの魅力は、作り出した電力を固定金額で買取ってもらえることで、パネルを設置する広さにもよりますが、1000㎡で月々10万円程の収入を見込むことができます。農地として使っている土地に設置するだけで、安定した現金収入が得られるのが最大のメリットです。農業と併用できる割りの良い副収入として注目されています。

ソーラーシェアリングの導入の流れ

一軒家

業者に連絡をして現地調査

まずは、ソーラーシェアリングを扱う業者に連絡をして、現地調査をしてもらう日時を決めます。現地調査を行い、設置規模や予算などに合わせて、見積もりを出してもらいます。場所によっては、ソーラーシェアリングが設置できないこともあります。

契約をして施工開始

見積金額に納得したら、業者と契約をして施工を開始します。契約してから施工に至るまでに、いくつかの申請が必要ですが、ほとんどの場合業者が行ってくれます。農業をしている場合は、作物の生育状態に合わせて施工が行われます。

発電の開始と管理

施工が完了すると発電が開始し、電力会社に売電できるようになります。その後も、業者がメンテナンスを行ってくれたり、異常事態の時に駆けつけてくれたりするなどのほか、発電量監視システムなどを導入することも可能です。

ソーラーシェアリングに必要な手続き

ソーラーシェアリングを導入するにあたり必要なのは、農業委員会への申請、経済産業省への設備認定の申請、電力会社への申請となります。必要な書類としては、4条許可申請、事業計画書、設備の見積書、撤去費用の見積書、転用実行の誓約書、設計平面図、農作物対太陽光データ、登記謄本、資金証明などがあり、この他にもまだまだ必要な書類が多数あります。

太陽光発電とソーラー発電の違い

呼び名が異なる

太陽光発電とソーラー発電は、呼び名が異なるだけで同じ太陽電池の事を示します。ソーラー発電と太陽光発電は、どちらも太陽光パネルを設置して発電するシステムです。どちらの呼び方でも間違いではないので、両方の呼び名が使用されています。

発電量は地域によって異なる

太陽光発電は、地域によって発電量が異なり、売電によって得られる収入も異なります。また、地域によって電力会社が買い取ってくれる料金も異なるので、同じ広さにパネルを設置しても全国一律同じ金額が得られるわけではありません。

長期的な設置が必要【ソーラーシェアリングで儲けるコツ】

ソーラーパネル

ソーラーシェアリングの導入費用の目安

ソーラーシェアリングは、家庭用のソーラーパネルを設置するよりも料金が割高になります。家庭用のソーラーパネルが屋根に設置するのに対し、ソーラーシェアリングは何もないところにパネルを設置するため、土台も作らなければいけないからです。一般的には、1500㎡に設備を導入した場合、初期費用として1000万円ほどかかるのが相場となります。売電収入は1ヶ月10万円ほどなので、15年ほどで元が取れる計算です。

宮城で好評な太陽光発電工事業者ならコチラ!

福岡で太陽光発電パネルを設置してもらおう♪

エスコシステムズに関する基礎知識を徹底リサーチ☆ 土浦市で好評な外壁塗装業者をリサーチ☆

広告募集中