HOME>コンテンツ>バイオマス発電の魅力とは?【地球の環境を守れる仕組み】

バイオマス発電の魅力とは?【地球の環境を守れる仕組み】

地球

バイオマス発電のメリット

バイオマス発電は、従来は廃棄するしかなかったゴミをバイオマス燃料として利用し、その熱エネルギーを電気エネルフィーに変換する発電方法です。生ゴミ・可燃ゴミ・木屑・汚泥・家畜糞尿といった、焼却処分するはずだった廃棄物を燃料とすることで、ほぼ火力発電と変わらない発電方式でありながら、国産の燃料として化石燃料に代替することができます。しかも、発生する二酸化炭素は、本来焼却時に発生する量と変わらないわけですから、環境にも優しい再生可能エネルギーとしても高く評価されています。排出される二酸化炭素の量と吸収させる二酸化炭素の量を同じくする、カーボンニュートラルとしての側面も期待されており、二酸化炭素の削減へ向けての期待が高い発電方法です。

バイオガス

導入先の選び方

バイオマス発電の導入先としては、現在のところ地域のゴミ処理場に併設されることが主となっています。地域で処理するゴミを、そのままエネルギー源の一部として活用できるからです。ゴミ処理場のそばに設置されていれば、燃料の調達コストや輸送コストも削減することが可能です。再生可能エネルギーとしては、太陽光発電、風力発電、水力発電等も勿論有効ですが、これらは主に自然環境に左右されてしまう、不安定な要素が少なからず存在しています。その点、バイオマス発電の場合は、火力発電と同様、燃料さえ確保可能であれば、安定的な電力量も見込めるため、再生可能エネルギーでは数少ないベース電源としての活用も期待されています。また、その他の再生可能エネルギーとは異なり、発電所の場所に地理的な条件もありません。必要なことは安定的に燃料が調達可能なことだけですので、燃料調達地に出来るだけ近い場所に設置することが重要と言えるでしょう。

広告募集中